⑤ Cobra Prototype “FlipTop” (AMT&Revell)

毎年11月ともなると、なんとなく気忙しくなるだけではなく、野暮用も増えてくる。 また、今月は国内海外ともにラグビーのテストマッチも多いので、なんとかTV観戦もライブで観たいものだと思っているだが・・。 17日のイングランド戦が楽しみだ。

さてと・・・、3700GTや、急に手を付け始めてしまったコブラのプロトタイプの細かいパーツなどがなかなか見つからず、仕方なくレジン取りしたりしていたので無駄な時間を大分使ってしまっている。   そうだよな~・・・、AMTの289のスタティックキットからは過去にルマンのブリストルなどを作っているのだから、箱は積んではあっても中には肝心のハンドルや外装パーツは入っている訳はないわな~・・・。 入っているのはエンジンやフレーム等の捨てても惜しくない様なパーツばかりだ~。 もういい加減に処分しないと、本当にゴミ屋敷になってしまう・・・。(苦笑)

今回のAMTボディーの車は、ハンドルもテールランプもレジン取りしたものを使用している。 ライトのリムなども、当時のRTRのスロットカーのジャンクの欠品部品として利用できるので、幾つか作ってある。 ただ今回のFlipTopのインパネのレイアウトは、64年当時レースを走った時の実車のメーターの並びが判らなかったので、最近レストアされ、RMオークションに掛けられた車のものを参考にして自作している。               ・・・大体パーツは揃っては来ているのだが、ドライバー(好きなケン・マイルズ)の乗車に手こずっているし、それらしいライトとラジエターもどうにかしなくてはならない。 後はサイドから出る、物々しいマフラーだけか・・・?!

本来、シェルビー・コブラは英車のACから来ているので、初期のコブラは外見上はACに酷似しているが、289からFIAロードスターを経て427に至る過程では色々な外見上の変化が生じていた様だ。 今回作っているFlipTopを別はしても、エンジンを初めとして、インパネの形状や、特に前後(オーバー)フェンダーの形の異なるものは結構多い。

子供の頃のSLOT のファースト・カーが、この1/24 のRevell のCobra-Fordだったので、見慣れているせいもあるのか・・・、今までこの前後のフェンダーの形には何の違和感も感じなかった。 しかし、64年当時のUSRRC等のFIAロードスターの車達を見ると、前後で微妙にフェンダーの形が違う車達も多い。  いつもモデルを作る時はターゲットを決めて作業を始めているので、実の所、私も今回この車達を作るまで、細かいフェンダーの違いが何種類ぐらいあるのか、良く知らなかったのだ・・・。 (Revellの FlipTopは、先のRevellのクリアボディーの延長線上で製作した様な車なので、実車の存在の有無は全く不明の車である。 サイドからエグゾーストは出せないだろうな~・・・?!) 

下の写真は、現在でも入手可能なモデルである、AMT(289),Revell(FIA RS), 最近のMonogram(427)のリア・フェンダーの形状を比較したもの。


カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

④ Cobra Prototype “FlipTop” (AMT&Revell)

サフェーサーだけは良く噴く事はあるのだが、先週、久しぶりにボディーに塗装をしてみた。 過去にもコブラはクーペも含めて何台かコブラ・ブルーで噴いた事があるのだが、作るたびに色調が違う車になってしまう・・・。 今回も最初にRevellのボディーに塗装したのだが、なんとなくシルバーと青味が強い様な感じがして、途中でグレーと黒を少し足して調合し直してAMTのボディーを噴く羽目になってしまった。

実車を見る機会は皆無だし、模型の塗装は写真が頼りになる事が殆どなので、各々作り手が見ている写真次第で、その車の色調は大きく変わってしまう事が多い。 思い返せば、私自身が過去に作ったCobraの色は大分濃かった気がする。 ・・・今回の車が、一番色味が薄い感じがしている。 (RevellのCobraも噴き直そうと思ったのだが、作った塗料が足りない様なので、今回はこれで良しとするしかなかった・・・。苦笑)

塗装は今までと同じ様に白を先に噴き、マスキングしてから濃いボディーカラーを後から噴いているのだが、AMTのボディーだけはフロントカウルのエアスクープの凸凹がきつい為に、手順を逆にして、白のストライプだけは後から塗装している。 またフロントカウル上のルーバーは両車とも別塗装とし、デカルをクリアで抑えた後にボディーに取り付けようと思っている。(したがって、現状は仮止め状態だ。)

昔はボディーを少しでも軽くしたくてロールバーもプラ棒から作っていたのだが、軽いコースアウトでもヒーリーなどは繋ぎが外れてしまったので、今回は洋白とブラス棒で半田付けして作ってみた。                                (コクピットを軽く作ってもトップが重くなっちゃうんじゃ~、なんかな~・・? )

Revellのボディーにはそのままオリジナルのシャーシーを付けるつもりでいるのだが、AMTのボディーはフロントに後付けのルーバーが付くので、未だにリジットのポストの位置を決めあぐねている・・・。

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

③ 1/25 Cobra Prototype “FlipTop” (AMT)

ここ10~20年の間に、科学技術が著しい進歩をとげ、世界経済の枠組みが根底から覆る様な話を良く聞くようになって来た・・・。 おおもとはAIなのだが、ロボット技術やIoTなどが爆発的に進歩して、我々の生活パターンも大きく変わってしまうらしい。 またこれを、テクノロジカル・シンギュラリティーと呼ぶらしい。         確かにこの間まで電気自動車などと云っていたが、ドローンの急速な進歩により空飛ぶ車も出て来ている。 当然、経済面では安全なキャッシュレス化も進むだろうし、またAIの進出により、職の変遷も伴うだろう・・・。                         しかし、これらは電気をエネルギーにしているので、また大きな震災(災害)などが来た時には、これらすべてのテクノロジーは直ぐにダウンしてしまう。 ・・・それらのセーフティー・ネットも合わせて考えられているのだろうか・・・?         ・・・自然はあなどれない。

写真は連休前のもので、結局ホイル・インナーとシャーシーは新調することとなった。 やはりAMTのボディーはトレッドが無いので、現行のF130系の缶モーターを使わざるをえなくなってしまった。 ・・・これも通常の289を作るのであればAMTのシャーシーを使う所なのだが、ボディー自体も大分いじっているし、”フル・コクピットで作ってみたい” と云う思いから、我がままな産物になってしまった。(苦笑)

・・・今晩は時間があれば、ボディーのリベット工作か、シャーシーの修正、あるいはマウントの位置探しでもしようかと思っている。

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

② Cobra Prototype “FlipTop” (AMT&Revell)

また大型台風か~・・・、まいったな~。 そして、月の半分が過ぎる事の何んと早いことか・・・。 大坂なおみがメジャーのUSオープンで初優勝し、タイガー・ウッズも5年ぶりに優勝、・・・素晴らしいカムバック!!               ・・・個人的にはうれしいニュースだった。

マセラーティー3700GTのボディーの製作に思った以上の時間を取られているので、その間にAMT と Revell の Cobra の方を進めている・・・。 何年か前に製作した2台の Cobra Ford はそれほど気にせずに気軽に作ってしまったのだが、今回のプロトタイプの FlipTop は同じハリブランドのホイルなのだが、私たちが日頃見慣れた Cobra のホイルとは、幾分パターンが違う物を履いている様なので、Web から色々な写真を探し出して製作してみた。 また、 1/25 や 1/24 モデルのパーツの中からいろいろ拾い出してはみたものの、そうそう同じ物やスケールの丁度良いものなどが上手く出て来るはずもない・・・。

シャーシーもとりあえずオリジナルのジャンクの中から探し出して、ホイルとタイヤを付けて感じを見ている段階だ。 AMT のシャーシーに付いているオリジナルの単2の乾電池の様なマブチの15Rモーターは外し、FT16の初期の物に載せ替えてある。

Revell のシャーシーとホイルは Cobra Ford のオリジナルな物で、ホイル・インナーだけをそれらしいものに変えてはいるのだが、この車は先日の Revell のクリア・ボディーをそのままプラに置き換えた様な車なので、実車の信憑度も定かではないので、あまり重きを置いてはいない・・・。

問題は1/25 の AMT のボディ-の方なのだ。 ・・・現状では丁度良さそうなホイルが見つからず、AMT が Revellのダイキャスト・ホイルを履いていると云う皮肉な有り様。 タイヤは両社ともリアはシリコンなのだが、AMT のリアはちょっと大きめなのでもう少しハイトの無いシリコンに換えたいと思っている・・・。             ボディーもまだ一部いじらなくてはいけない部分が残っている。           (とりあえず AMT のシャーシーの用意はしたが、これを使うかどうかは判らない。)

マセラーティーの3700GTの方はボディーの修正に時間が掛かっているが、内装の方もスクラッチしなければならない。 まずはインパネが決まらないと内装のバスタブの大きさも決められないので、とりあえず、ジャンクパーツから似た様なインパネを拾いだし、今、長さ等を調整しているところ・・・。 後は薄いプラ板でバキュームか?

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

① 1/25 Cobra Prototype “FlipTop”(CSX2196) AMT

仕事にしても趣味にしても、悩みと云うものは常に人生には付きものだ。 日々、どうしたものかと、大なり小なり知恵を絞り解決しながら生きているのだが・・・、また、この悩みと云うものが無いと、相対的に解放された時のささやかな幸福感も得られない。 人の人生とは、この苦楽の時間が前後、表裏一体で流れて行くものだ・・・。

3700GTのボディー処理(パテの乾き待ち)と内装パーツの拾い出しに手間取り、ここの所無駄な時間を使っていたので、先日出て来たコブラのボディーもマセラーティのボディーと同時にパテ盛り、削り等の修正作業を一緒に行っていた。 ・・・最初はAMTのボディーからなら簡単に修正できるだろうと、高をくくっていたのだが、あにはからずと云うか、藪蛇と云ったら良いのか?、直す所が結構多くて、余計な苦労を背負い込む羽目になってしまった。(涙)

AMTのコブラは1/25と多少小ぶりのボディーなので、フロントカウル上のルーバーも本来は8本の様なのだが、6本しか入れることが出来なかった。 また、オリジナルのスロットのホイルとタイヤでは少しオーバーサイズ気味なので、この辺もちょっと考えなければと思っている。 未だに罫書きのライン出しも終わっていない。     ・・・どちらにしても、オリジナルのシャーシーで作るか?あるいは自作のシャーシーでコクピットまで製作するのか・・・?、それすらもまだ決める段階にもいたっていないのだ。

また、このまましばらく冬眠するような事にならなければ良いのだが・・・。(苦笑)

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

⑤ 1/24 Maserati 3700GT (Nichimo)

今、台風の通過中にこのブログを書いている。 喫煙の為、窓を少し開けているのだが、強風の為か、窓をかすめる風の音と窓枠のきしむ音で、まるで荒天の夜間飛行の様な状態だ・・・。                                ・・・不思議な事に雨は降っていないのに、昨晩の様な虫の音は聞こえない。

ここ半月ぐらいは、形取りに失敗したボディーの修正を夜な夜な少しずつ進めていたのだが、どうにか先が見えて来た様だ。 ・・・そうは云っても、ご覧の様なボディー表面なので、未だに軽くペーパーを掛けただけで、埋めたはずの小穴が出て来るのには泣けてくる。  ・・・もうしばらく引け等の様子を見ながら、内側の削りと塗装に移りたいと思っている。(筋彫りもガタガタだし、塗装もクリアも厚噴きするとパテが溶けてまた引けが出来てしまいそうなので、思案橋だよな~・・・。)

シャーシーはいつもと同じ様な残り物のパーツの寄せ集めで作っている。 軸受けはここの所半田付けではなくロウ付けで留めているのだが、バーナーでシャーシーが高温になる為、治具が焼けてしまう問題点を抱えている。 ホイルベースを正確に決める為にも、そろそろ石のしっかりしたシャーシー治具でも新調しないとダメかな・・・?!

ホイルはアストンに使おうと思って以前に作った物だったのだが、使わなかったので今回それを利用している。 リアタイヤはシリコンで接着後に既に芯出しはしてあるのだが、幾分大きい様な気もするのでもう少し削りたいと思っている・・・。      モーターは16Dで、スーパーはCOX。 モーターマウントの稼働範囲が1.5mm位しか取れなかったので、現状の36:10のギアレシオは殆ど決定か?!(苦笑)

ここの所体調不良もあったし、おまけにシェルのパテ修正でボディーに触れる時間が無かったので、内装、外装パーツも殆ど手つかずの状態だ。 少し涼しくなったらボチボチ始めようかと思っている・・・。

台風一過か~・・・?、大分風もやんできた様だ。                  窓を少し大きく開けて、換気も兼ねて綺麗な空気でも取り込もうか~・・・・・。

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

1/24 Revell ’427′ Cobra Prototype (Clear Body)

今年のお盆休みも瞬く間にすぎてしまい、未だに蝉の声は聞こえるものの、夜になるとコオロギだろうか・・・、秋の虫の音も聞かれるようになって来た。

先日、知人のもとに古いレヴェルのコブラ・フォードをトレードで放出した時に、昔作ったクリア・ボディーの ’427’プロトタイプ が出て来たので、今回はこのボディーの疑問に思っている点でも書いてみようかと思う。

このレヴェルのボディーが発売されたのは1966年との事なのだが、実車のプロトタイプの製作時期は1963~64年の事で、ACと業務提携したキャロル・シェルビーが、289からもっと大きなエンジンを載せた427へと進化させる為にケン・マイルズを引き込んで開発した車だ。(・・・実車の事は書くと長くなるので割愛する。笑)

コブラ・フリークの方ならご存知の方も多いと思うのだが、この初期のプロトタイプのボディーはアルミニウムで、前後のカウル全体が大きく旅行トランクの蓋の様に開くので、通称 Flip Top(フリップ・トップ)と呼ばれている。

さて・・・、私がこのレヴェルのボディーを不思議に思っているのは、今までにこのタイプのボディーのコブラを見かけたことが無いからだ。 クリア・ボディーの写真を下に何枚かUPしてみたが、フロントはプロトのフリップ・トップの様なのだが、リアのフェンダー周りはふくよかで、64年のナッソー等を走った時の車とは大分違うのだ。

ボディーフロントにはボンネットのラインは無く、特徴的なマウスも飛び出している。 スカットル部分にはフリップ・トップと同じ様なフロントカウルのラインが存在するが、ドアの形は後の427と同じである。(フリップ・トップはスクウェアだ。)   また、レーシング・スクリーンがこのラインの上に載っているのも何か変だ・・・。     リアのボディー・カウルにはトランクリッドのラインも無く、フューエル・キャップ回りもリア後部にそれらしきラインが存在するが、リアのカウルをオープンする時の分割ラインは無い!!  それなのに、リアのカウルを内側から補強するパネルのリベットの跡は再現されているのだ。

初期のプロトタイプ(CSX2196)から64年のナッソー等のレースを経て、最終的な427のプロトタイプ(CSX3002)に至る過程の一時期に、このレヴェルのクリア・ボディーの様な車がファクトリー内に存在したのか・・・?、また、そんな車をレヴェルがモデル化したのか・・・?、  ・・・このボディーも不思議な1台だ。

レヴェルの後期に発売されたクリアボディーのシリーズも、アシンメトリーのアルミ・シャーシーとブラスの2種類のシャーシーが存在したが、このシャーシーに別売りで販売されたクリア・ボディーのホイルベースやトレッドが合わないものが多いのも、また別の意味で何を考えていたのかな~?と、不思議に思っている・・・。

・・・ここに既に切り貼りしてパテ盛りまでしたレヴェルとAMTのコブラのジャンク・ボディーが眠っているのだが、これも何時になったら完成するのか?(苦笑)

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

④ 1/24 (Nichimo) Maserati 3700GT Replica bodies

・・・とりあえず自分用に2~3台のボディーを抜いておこうと思い、この猛暑の時期に冷房なしの部屋で、久しぶりにゴム型にレジンを流してみたのだが・・・、何をやってもうまく行かなかった。

オス型は、半年以上前の残り物のシリコン・ゴムにアンコの古いゴムを入れて量を増やして何とかしたが、さすがにメス型のシリコン・ゴムは新品を注文しなくてはならない。 新品のゴムもまた使い残したくなかったので、とりあえず1kgを買ったのだがこれも十分な量ではなく、また古いゴムを細かく切って足す羽目となってしまった。

おまけに、今回はボディーを逆さまにしてメス型の段ボール箱に入れて、ゴムを流したので、注意はしていたのだがゴム内の気泡がボディー表面に溜まってしまい、夏みかんの様なボディーになってしまった。 ・・・メス型を作り直せば早いのだが、そんな元気はない。                                   (計画性も無く、気持ちが入ってない時と云うのは、分かってはいても、人間とは同じ失敗を繰り返す生き物なんだな~と、再認識する・・・  苦笑。)

気温の高い夏場はレジンの硬化時間も早い。 ゴム型に多少レジンが回らなくても、後でどうにか処理できるものだが、ゴム型の小さな気泡によるゆず肌の修正は大変だ~。 ボディーの側面は良いのだが、一番目立つボディーの上面全体がどうしようも無い状態なのだ。                               

やっちまったものはしょうがないので、のんびり薄いパテを何回も塗り込んで、引けては塗りの繰り返しで、様子を見ている状態。 この高温多湿の時期なので、急ぐ旅でもないので、年内に完成出来れば良しとしよう・・・。

そんな訳で、ボディーの表面処理に相当時間が掛かりそうなので、そろそろシャーシーの方も、古いパーツを使って簡単に考え始めている・・・。                   内装も無い車なので、そちらもどうにかしなくてはならないし・・・。

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

③ 1/24 日模(Nichimo Minicon) Maserati 3700GT

前回のブログでは、「このマセラーティーの原型は66年の後半には既に出来ていた。」などと適当な事を書いてしまったが、その後、どこかでこの日模のミニコンのコマシャールを見たことを思いだし、いろいろと手持ちの当時の資料を探してみた・・。

やはり、あったあった・・・。 昔友人から借りてコピーしたMSLの裏表紙にありました。 No12号 1966年10月号の裏表紙に・・・!!          見たら既にミニコンだけじゃなく、ラジコンらしくなった一ランク上のプロコン・ミニなるバラクーダの製品写真まで載っていましたよ~。

・・・と云う事は、66年の10月には既に製品になっていた訳だから、日模は65年の後半か、或いはそれより前にこのプロコンなるラジコン?のマセラーティーを計画していた可能性が高くなる。 ・・・そうしてみると、まだモデルカー・レーシングがクリア・ボディーが多くなったとはいえ、ピークの頃からこのミニコンなる次世代の1/24のラジコンカーの開発、販売を計画していたと考えても不思議ではない。                  ・・・やはり、このマセラーティー3700GTはラジコン用のボディーとして計画されていた可能性が高くなる。                          (まぁ~、ミニコンの開発が遅れる様であれば、スロットのボディーにすれば良いかな~?ぐらいの考えで、スロットの箱絵にこの車の絵を載せていたのかもしれない。)


とりあえずこれで、長いこと推測の域を出なかったこのマセラーティー3700GTのスロット説に対しては、自分なりにある程度の納得が得られたことになる・・・。

そしてまた、現在までの1/24の車のモデルの中でも殆ど見かけた事が無い魅力的な車種でもあるので、この際日模とは関係なくボディーだけでも簡単にレジン取りして、自分勝手なスロットカーでも作ってみようか?と、この暑いさなかにシリコン・ゴム型に沈めてみた・・・。(苦笑)

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

② 1/24 日模(Nichimo Minicon) Maserati 3700GT

ここの所、猛暑酷暑続きの日本ではあるが、楽しみにしていたThe Openも昨晩プレーオフも無く無事に決着がついた。 深夜のTV観戦が4日間ほど続いていたので、こちらも寝不足で、疲れがたまっている様だ・・・。 久しぶりに見るタイガーの試合運びが印象的だった。 この暑さでは、さすがに仕事以外の外出もめっきり減っているのだが、TV観戦だけでも疲れる様ではやはり、私も大分老朽化してきてるようだ・・・。

以前にもこの日模のマセラーティー3700GTについては書いたことがあるのだが、実際、この車がスロットカーを目的として金型が起こされたのかどうかは、他の日模のスロットカーの箱絵のCMを見て、ただ想像しているだけに過ぎないかもしれない。     ・・・ボディーは1/24と云う表記だが、多少大振りの様な気がする。 しかし過去の日模の24のボディーの中では車種もさることながら、最良の出来ではないかと個人的には思っているのだが・・・。(苦笑)

当時(66年後期までには)、既にこの車の原型は出来ていたのではないか?と云う事は前述のCMでも想像できるのだが、この車の内側を調べてみてもシャーシーを取り付けるポストの跡はフロントに予定地ぐらいの僅かな物が存在する程度だ・・・。ただ、このフロントのポスト跡はフロントシャフトが通る位置に存在するので、スロットのマウント・ポスト用の物とは考えづらい・・・。                   (ちなみにこのミニコンには、別物の黒いマウント・ポストが接着されている。)

もしスロットカーにするのであれば、コクピット部分は別物の上げ底パーツ構成になるので、そのパーツにリアのポストは付くことになる。 またこのコクピットの別物パーツの前部を伸ばして、フロントのポストも一体で付け足す事も可能と云う事にもなる。               (スロットカーにするのであれば、時期的な問題もあり、個人的にはマンタレーのセカンドバージョンのFT36Dが載ったアルミシャーシーか、新規のシャーシーを考えていたのではないだろうかと思う・・・。)                                     また、既に斜陽傾向のモデルカー・レーシングを考えて、既に”ミニコン”なる新しいジャンルの模型の開発を進めていたのかもしれない・・・。(リアに縦にWでモーターが積めるボディーもそうは無いと思う。それで幾分ボディーが大きいのかな~・・?)

・・・どちらにしても日模としても右か左か?、どういう形でこの車を生かすのか振れていた時期のボディーではなかったのかと推測する・・・。

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ