④付録 1/24 Ferrari 158 F-1

   

1964年後半から66年までのモデルカー・レーシングの最盛期には、丁度モデル化するのに最新のF-1であったフェラーリの158は、最適な素材であったのかもしれない。 見出しの写真は、私の手元にある製作途中の物や製作済みのRTRを買い込んだものまでを引っ張り出して並べてみた・・・。 中には自作シャーシーを取り付けた車もあるのだが、当時、各社から出ていたボディーの大きさやボディーの雰囲気を見てもらいたかったからだ。                             

今回は思いつくままに1/24の車だけを集めて写真を撮ってみたが、肝心のストロンベーカーの158の製作済み車両が見つからなかった。  おまけに東京プラモのボディーには自作シャーシーが入っているので、ストロンと東京プラモはキットの写真とボディーキット、ローリングシャーシーだけ別に拾い出して写真にしてある。

1/24ではフロントのノーズコーン両サイドにある砲弾型のインレット・ダクトはストロンベーカーの158にのみ付いていた。  1/32のプロダクション・キットにはこのダクトがしっかり付いているものが多いのはなぜなんだろう・・・?!

 そうそう、紹介が遅れたが、一番上の写真は左から今回製作した日東(Nitto)、製作途中のコグレ(Kogure)、自作シャーシーの東京プラモ(Tokyo Plamo)、おなじみのCOX(FT16バージョン)、当時のオリジナルのままのミドリ(Midori)、そして最後はサーキット・セットに付随していた大滝(Ootaki)のRTRである。  最後の写真が、まともなRTRが見つからなかったストロンベーカーと東京プラモである。    ・・・やはり、今回製作した日東とコグレが一回り大きいのが良くわかる。                                            

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

③ 1/24 Ferrari 158 F-1 Junk (Nitto)

三連休も瞬く間に過ぎてしまった・・・。 三連休直前には既に外装パーツはどうにか付け終わり、とりあえず完成していたのだが、墓参や雑用でなかなかブログを書く時間が取れなかった。 COVID-19の感染拡大の中、外出はあまりしたくなかったのだが、21日の土曜日などは近所の桜の名所にも結構人が出ていたし、道も混んでいたのにはちょっと驚いた。

この日東の158だが、当時の価格が¥500の割には凝ったシャーシーだったんだな~と、個人的には感心した。 ホイルはコグレのF-1用のものだし、タイヤもフロントがコグレでリアはミドリのスポンジを履かせている。 最初の写真でも判る様に、このシャーシーのリアに小さなタイヤを履かせると、シャーシーがコースに当たってしまう危険がある。 キットのタイヤもリアは結構大きなものが入っていた。

・・・後はリアのキャブまわりのカバーだが、COXや東京プラモと同じ様な透明パーツで本来は出来ているのだが、今回はバキュームで型どりした塩ビのカバーでごまかしてある。 また、細かい所にも手を入れたい気持ちはあったのだが、なるべくタイヤ以外はオリジナルの雰囲気を残すことに留意した。

【お知らせ】                                  さてと・・・、長い事お世話になったこのホビダスの趣味ログも、今月一杯で閉鎖と云う事になってしまった。 今、息子に相談しながら新しい住処を探して貰っているのだが、今までと同じ様なブログの画面構成が出来るかどうか・・・?  また、新しい住処が見つかったとしても、あと何年ぐらいブログが続けられるのか・・・?               今また、思案橋を渡らなければならなくなってきている・・・。(苦笑)

   

  

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

② 1/24 Ferrari 158 F-1 Junk (Nitto)

3月の前半は雑用とこの158のパーツ作りに追われて時間を作るのに苦労していた。 欠品している外装パーツは、以前同好の友人から頂いたRTRの158からどうにか外してレジンで複製している。 ジャンク箱の中からは日東のオリジナルのフロントタイヤが2個だけ出てきたが、リアホイルも見つかればコグレのホイルとタイヤは場合によっては使わなかったかもしれない・・・。                    (・・・でもこのオリジナルホイルを使うのは、ちょっと難しいよな~?!)

前回のブログで肝心な事を書き洩らしていたのだが、リアのロアーのアームは紛失して無くなっていたので、今回は1.2mmのピアノ線をアッパーアームを含めて半田付けしている。 本当であればブラスの方が曲げやすく半田慣れしているのだが、ブラスを使った場合、ニッケル・メッキをしなければならない。              ピアノ線なら磨いてプライマーでも塗っておけば金属感は保てると思ったからだ。  またフレームも再度分解し、シルバーで塗装し直した。

エグゾーストをボディーではなく、今回はシャーシーフレームの方に取り付けて、シャーシーの脱着を簡単にしようとの思いから、横から多少見えてしまうシャーシーにシルバーを吹いてみた。

・・・どうもやっつけ仕事でやってる様でゼッケンに使ったインレタが古かったせいか数字に小さな亀裂がいくつも入り、タッチアップでの色合いが合わず、汚いゼッケン番号になってしまった。 サーティースのヘルメットのブルーもちょっと薄すぎたし。

ターゲットに選んだ極初期の158はエグゾースト部分までカウルで覆われている。 これもどうしたものかな~・・・・?  それにしてもボディーにFT36が縦に入るだけあって、コックピットサイドの高さは実車の1.5倍くらいはあるかな~・・?!

・・・・・あとは上手く各パーツを組み上げ(貼り付け)ていくだけだ~。

   

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

① 1/24 Ferrari 158 F-1 Junk (Nitto)

年末から立春くらいまでは寒いので、殆ど自宅に引きこもりを決め込んでいた。 外出と云えば、入院している母の見舞いに週に2~3回程、車で出かけるくらいだ・・・。

そろそろ暖かくなって来たので、週末の天気の良い日にはちょっと孫の顔でも見ようと出てみようかと思ったら、COVID-19(WHO)のアウトブレークで外出自制の政府のお達し!  参ったやな~・・・。

・・・12時前からブログを書き始めたのだが、既に2月の29日だ~・・・。   うるう年だから今日は4年に1度しかやってこない・・・。               大げさだが、大昔に観た映画の100年に1度現れると云うスコットランドの幻の村「Brigadoon」の事をちょっと思い出した・・・。(脱線)

 まぁ・・・、家の中でもやりたい事、やらなければならない事は沢山あるので、もうしばらく冬眠しているのも悪くはないな~?などと思い直している。

先日、トヨタのS800を拾い出した時に一緒に出てきた日東の158F-1のジャンクカーのパーツが、他のパーツ箱の中から幾つか出てきたので、引き続きこの158を仕上げてみようかと思っている・・・。

この日東のシャーシーは珍しく鉄のプレスで出来ている様で、保存状態にもよるが、時間経過でフレーム自体に錆が発生してしまう。 まさに今回のシャーシーがそれで、とりあえず黒のスプレーを吹いて簡単な錆止めにしていた。

出てきたパーツは、このシャーシーの最も特徴的な部分であるリアのアッパーとロワーを含むアップライトのコの字形のパーツで、おまけにプラスチックの左右のエグゾーストと、最初からない物と諦めていたコクピット一体のドライバーもプラのジャンク箱の底から奇跡的に発見できた。 (やはりゴミ屋さんだ~・・・!! 苦笑)

キットのインストラクションを見てもフロントはセパレート・シャフトになっているしリアはご覧の様なコの字形のアームを取り付けるようになっている。          ジャンクの車だし・・・、オリジナルはホイル、タイヤも含めて難しいので、また適当に1台、それらしい車が製作出来たらな~?、と思っている・・・。

    

  

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

③ 1/24 Toyota S800 Junk (Kogure)

1月中になんとか仕上げたかったジャンクのヨタ8ではあったのだが、とりあえず形になったのは14日の金曜日深夜であった・・・。                 ・・・色むらやマスキングテープ跡など見苦しい箇所が幾つもあるのだが、とりあえずこれで完成としたい。

もう一台(赤)のジャンクのヨタ8も一緒にパーツを取り外し、当時のメッキが剥げているものは剥離後、再塗装も同時に済ませてしまった。 ・・・ボディーに僅かなチップや欠け等はあるのだが、この車をいじるのはしばらくして落ち着いてからにしようと思っている。 (・・・と云う事はいつになるか判らないという事だ。 苦笑)     おまけにいつもの事なのだが・・・、放置車両になると、いつの間にかパーツの1~2個が見当たらなくなってしまったり、車自体が消息不明になる事もある。

・・・それにしても、当時の金型は細かいパーツの金型合わせが悪いのか?バリやズレが多いので、それなりの修正だけでも結構時間を取られてしまう。

とりあえずツートーンのカラーリングとクリアを軽く吹いてあるだけで、削りや磨き等は一切行っていない。(大昔にプラモデルを作り始めた頃のレベルだ!! 苦笑)

オリジナルの右リアのテールランプだけが欠品だったので、簡単にレジン取りして取り付けてあるが、オリジナルのランプとは大分感じが違う物になってしまった。 またフロントのライトもオリジナルのハウジングでは真ん中に小さな玉が付いているだけなので、それらしいライトを入れている。 ライトカバーはヒートプレスで起こしたものを何とか接着し、オリジナルのハンドルも欠品していたので、ドライバーもコグレのオリジナルではない。(このアッパーボディ・タイプのドライバーも、一見良く似てはいるのだがメーカー毎に微妙に違うものが多い。)

タイヤも表面に僅かなひび割れが見られるが、まだ十分弾力はあるので、今回はそのまま当時のオリジナルのタイヤを付けている。 ・・・万が一、走らせることが有ればウレタンの合いそうな物に変えなければならない。

とりあえずシャーシーをボディーに搭載してみたのだが、リアのタイヤがボディーに当たるのだ・・・!!                              オリジナルのシャフトを使っているのだが、これはホイルのインナーを変えたことによりシャフトがインナーに当たり、トレッドが幾分広くなってしまった事が原因の様だ。 ・・・オリジナルのシャフトだが、リアだけ2~3mm切らなければ収まりがつかないだろう・・・。  場合によってはボディーの内側を多少削るか?、マウントにスペーサーを入れて多少車高を上げるかだが・・・?!

コグレのマウントはボルトではなくタッピング・ネジで留める様になっているので、多少緩めれば僅かなサス効果が得られるのでこれは便利だと思う。

写真を撮っている時に気が付いたのだが、排気管を着け忘れていた~・・・。      ・・・直ぐにでもアルミパイプで簡単に取り付けておこうと思う。(涙) 

二列目の二番目の写真はコグレが発売していた当時のFT16用と後期のFT36、36D用のフレームキット。

PS:翌晩にエグゾーストとドアの鍵穴を追加加工した写真を、何枚か入れ替えた。

   

   

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

② 1/24 Toyota S800 Junk (Kogure)

毎度の事だが1月も瞬く間に過ぎてしまった・・・。 出来る事ならば自分勝手に作れるカスタム・レーサーだったので、1月中に何とか完成させたかった。

それにしても65年当時、パブリカの790ccの2気筒エンジンを搭載して2シーターのスポーツカーを作ると云う発想には感心させられる。 デザイン的に見ても宿敵のホンダS600と比べると、よりコロッとした三次曲面で形成されていて、今の私の目にも魅力的に感じられる。

・・・もともとルーフを切り取られ、どうしたものか?と考えさせられるボディーだったので、D-Typeの様なリアにロールバーを兼ねたバックレストの様な物を取り付けようかとも思ったが、トランク・フードとの兼ね合いもあり、バランスを見ながらシンプルなボディーに留める事にした。

いざ、大体ボディーの下地が出来上がり全体像を見てみると流線型のエランの原形の様でもあり、またコスティンの試作車の様にも見えるから不思議だ~。(笑)      後はクラブレース用のレーサー風に好き勝手に仕上げればよいのだが、どんな色が良い(合う)のか?、ここで思案橋となってしまった・・・。             ・・・意外とスカラベオと同じで、好き勝手に作ると云うのも難しいものだ!!

コックピットのリア部分をプラ板で小さくした分だけテールが長く見える。 いっそプロトタイプの様なシルバー一色か、YOTA8ではあまり見かけない白に近いクリーム色かライトブルー一色にしようかとも考えたのだが、想像力の欠如か?、私自身の保守性故か?、・・・結局パステルカラーではあるが、ワークスカーの様な色分けのカラーリングになってしまった。                 

   

下の車はこれまた欠品だらけの日東(NITTO)の158なのだが、コグレのジャンクと一緒に出てきたので、パテやサフェの乾燥を待っている間にモーターマウントやボディーの修復などを時間の有効利用で行っていた。 これも札付きのジャンク者!!    当時158はいろいろなメーカーから出ていたので、決して珍しい車種ではない。        欠品パーツの多さやボディーに大きな欠け等もあり、使用パーツもジャンクの中から色々拾い出しているので、この車もオリジナルとは程遠いバックヤード・スペシャルになってしまいそうだ。  そして、これも完成に至るかは不明だ・・・。

当時は定価500円で発売されていたらしい。 FT36や36Dが搭載可能となってはいるが、このジャンクをいじっている限りではボディーを切らなければ、とてもではないがそんな大きなモーターはボディーの高さが無さ過ぎて入らない。 ・・・入ってもシャーシーが浮いてしまい、まともな158には見えなくなってしまう?!

   

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

① 1/24 Toyota S800 Junk (Kogure)

Happy New Year !

暮れに引っ張り出したジャンクのおもちゃを、正月休みに少しいじってみたかったのだが、三が日も何かとバタバタしていて殆ど工作机に向かう時間が取れなかった・・・。

工作机に向かえたのは5日以降で、殆ど通常の生活に戻ってからだ。 今回手を付け始めてしまったのはコグレのヨタ8で、それもコグレの手持ちのジャンクの中では一番状態の悪いトップが既に切り取られていると云う、トリアージュ的に言えば殆ど救いようのない状態のボディーが付いているもの・・・!                    ・・・どう云う訳か、私はゴミに近い車から手を付ける傾向を持っている。(涙)

下の写真の様なトップが無いボディーで、(実際、良く綺麗に切り取ったものだと思う。)実車でもこの手の改造がなされたヨタ8は今まで見たことが無い。           ・・・どうするか?・・・しばし悩んだ末に、今回は身勝手なカスタムレーサーにでもするしかないという結論に達し、何となく気乗りしないままジャンクのプラパーツをあさり始めた・・・。(私自身もあまり期待しているわけではないし、どんな車になるのか現段階では想像もできない。・・・それでも1台が形になれば良いと思っている。)                                                                                     

・・・それにしても国産車のボディーをいじるのは久しぶりだ~。

面白いことにコグレの古いスロットカーの中でも、ヨタ8だけはホイルベースが短く、初期のFT16用のアルミラダーのシャーシーしか入らない。 後期型のフロントの軸受けが別付けになっているシャーシーでは一番短い状態にシャーシーを組んでも多少長くなってしまう。 最近ではこの初期型のラダーフレームもあまり見かけなくなってきているので、初期のメルセデスかコルベットの物を流用するしかなくなっている。

シャーシーの写真はコグレのシャーシーを初期型、後期型、レヴェルのラダーシャーシーと並べたもの。 コグレの初期シャーシーに16Dが搭載されているのは、既にシャーシーのモーターマウントの穴が大きくされていたジャンクシャーシーだったので、あえてFT16Dを載せてある。

空いてる初期型のコグレのシャーシーが無い様ならば、レヴェルのアルミシャーシーが入りそうなので、これでごまかそうかな~?などとも思案している所・・・。(苦笑) 

   

  

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

 令和元年の大晦日

 

先ほどまで娘夫婦に買い物に付き合ってもらい、日が暮れる前に急いで自宅に戻ってきたのだが、年々、年の瀬が嫌いになって来ている・・・。(苦笑)              ただただ慌ただしいだけで、よくよく考えてみれば実際には一晩寝ると日付が変わると云う、ただそれだけの事なのだ・・・。  

大晦日と元旦の風習はある意味で云えば日本の文化なのだが、だんだんこの気ぜわしさがうっとうしくなっているのは、私が歳をとったと云うことに起因しているのも、うすうす自覚している。 ・・・余計な仕事が増えて、ただ面倒くさいだけの事なのだ。 

若い人達には12月はクリスマスや大晦日、明ければ初詣や三が日の楽しみも有るかと思う。 しかし老人はだんだん人混みにも無駄な神経を使わなければならなくなって来る。 車の運転を含め、久々の買い物から帰って来ただけで疲れてぐったりとした。

さてと・・・、今年をつらつら振り返ってみると病気もせずに過ごせたのは良いのだが全体的にはあまり良い年ではなかった・・・。 やはり目的意識の欠如の為か?、だんだん努力しなくなってきている。 おまけに家も老朽化しいろいろ出費も多かった。

時の流れは肉体的な老化だけではなく、心にも影響を与えると云う事を知らされた年でもあった。

今年も当サイトを覗いてくださった方々にはお礼申し上げると同時に、皆様にとって来る年が良い年であることをお祈りして、キーボードから早々に手をおろす事にしたい。   ・・・外は大分風が強くなってきた様だ。                    

・・・ありがとうございました。

PS:                                      下は暮れに広げたコグレのジャンクだが、年明けの休み中に少し形にしてみたいと思っている・・・。

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ

Repair,Rebuild and Replica (TAMIYA)

 

今年もまた年の瀬となった。 夏秋と今まで色々と脱線したりしてきたが、またいつもの慌ただしい日々が戻りつつある。 ここ数ヶ月はスランプでおもちゃ作りから離れていたので、直ぐには細かい作業には手を出す気にはなれなかった。 ・・・仕方が無いので、当時作ったことのなかったCarrera6とLOTUS30のレプリカを中心に、少年の頃を思い出して簡単な組み立てから始めてみた・・・。

数年前から精度の高いレプリカ・シャーシーも出ているので、年末に時間のある方は子供の頃に手の出なかったモデルカー・レーシングのキットを思い出して工作するのも一興かと思う・・・。 (実車の世界でも、当時と同じ工法ですべてが新しい古いスポーツカーが作られているのだから・・・。) 

・・・そんなわけで、多少なりとも趣味のモチベーションを保つために、TAMIYAの再販ボディーに手持ちのジャンク・シャーシーを組み込んだりして、簡単な作業から手慣らしを始めてみた。 写真の3台目のLOTUS30だけは友人から頂いたレプリカシャーシーをそのまま装着しているが、Carrera6とMacLarenは当時のジャンクのシャーシー(欠損や不足パーツが有るもの)から組んでいる。 ・・・3台とも取り合えず組んでみただけで、タイヤ等はこれから合いそうなものを探すつもりでいる。

ダイキャスト・シャーシーの欠損の修復は結構大変だ・・・。(実はこんな修復を楽しんでいるのだが・・・笑 ) 工作もさることながら、強度の問題もあるし、ダイキャスト素材は半田が効かないので、やはりボルト留めの方法になってしまうことが多い。

B型シャーシー(私はこのタイプのシャーシーを昔から勝手にそう呼んでいた・・・)は素材がブラスなので、半田付けと穴あけだけで簡単に修復ができた。 他のシャーシーもそうなのだが、欠品パーツをレプリカシャーシーから利用するかはちょっと悩んでいる。 現状ではそれらしい古いパーツで代用するか自作している。       (見てくれは別として、作動が悪い様であれば交換しなければならないが・・・。)

当時物のジャンクのボディーも有るのだが、外装の欠品パーツも有るので、今回は宝の持ち腐れになっている再販のボディーそのものを3台とも使っている。 ビス等もとりあえず当時の物の中から選んでそれらしくマウントはしているが、本来のTAMIYA純正のネジやナットばかりではない。

・・・大体シャーシーとボディーのマッチングが上手くいけば、後はタイヤとホイルパターンと塗装と云う事になるのだろうが、現状では塗装は考えていない・・・。   とりあえず当時の雰囲気が楽しめれば、ホワイトボディーのままでも良いのではないかな~?などと思っている・・・。 あとは雰囲気のあるタイヤ探しだよな~・・・。

TAMIYAの初期のLOTUS40のキット(リアホイルのイモネジ留めキット)の有無は未だ確証を掴めず!

    

   

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

 この夏と秋の出来事

 

RWC2019の熱狂も、台風19号の爪痕とともに瞬く間に過ぎてしまった・・・。     ・・・彼らの素晴らしい笑顔だけで、あのプール戦の激闘が蘇ってくる!

今年の猛暑のせいもあるのだが、ここの所数ヶ月は工作机に向かう事がとんと減ってしまった・・・。 私の中ではあの車も自分なりに形にはしておこうと思っているおもちゃも何台か有るのだが、触って眺めるだけで作業は殆ど進まない。 当時のプロダクションモデルのスロットカーなどは、後は塗装だけして外装品を取り付ければ大体完成と云う放置車両も3~4台は思い浮かぶ・・・。(涙)

それなのにこの夏はただソファーに座り、余暇の時間はミステリーの文庫本にはまってしまい、その他の本も含めるとここ2~3か月で6~7冊読んでしまった~。     おまけに、昨晩は今月発売予定の続きものの新刊ミステリーの文庫本を注文してしまう有様・・・。 

”時とともに人は変わるもの・・・”などとは良く云われるが、私自身も昔読んでいた(ハードな?)本格派ミステリーよりもソフトな題材を扱ったほのぼの?ミステリーの方がここ数年は好きになって来ている。 サスペンスの部類に入るかもしれないが、ハイスミスやアイリッシュ(ウールリッチ)の作品の様な重苦しく常に心配が付きまとう様な作品はそろそろ卒業だ~。 絵の趣味がシュールから印象派に代わってきたのと同じ様に・・・。

今はまっているのは、私よりちょっと若い63歳のヴァイオリン職人のミステリー。  小学生の頃にいやいやヴァイオリンを習わされていた経験があるのだが、それがトラウマになって買った訳ではない。 主人公が私たちと同じような年齢で、既に妻を亡くし、子供達も育って家を出ている・・、 家庭生活が良い意味で終わった人物である。     探偵でもなく、歳だから腕っぷしに自信がある訳でもない。 ましてや特殊能力なども持ち合わせていない、ただただ普通にのんびりやってる職人と云う身近な設定なので、簡単に読み流せたのかもしれない。 ヴァイオリンの名器やヒストリー、ヴァイオリニストの蘊蓄も魅力的だった。                               また小説自体のプロットも、1作目より2作目の方がより出来が良かった様に感じた。

さてと・・・・、それにしてももう11月も半ばなんですね~・・・?!

 

【工作室の整理の折、10日位の間だったのだが南の窓の脇に透明プラスティックケー スに入れておいたMk10の無残な姿。 この夏の猛暑の爪痕で、ご覧の様に廃車になってしまいました~。 古いホンコン・トイは熱に弱いのかもしれない・・・ 涙】

      

カテゴリー: 日記 | コメントをどうぞ