③ 1/24 Lotus 16

どうにか6月中にこのロータス16も形になって、今はホッとしている所である。 やはりドンガラのシェルだけから、シャーシーやパーツを作ったり探したりしてどうにか形にするのには、ちょっと歳をとりすぎたかもしれない・・・。 古い水道管ではないが、何処かで水漏れでもしている様で、昔の様な情熱や集中力がなかなか注ぎ込めないのだ・・・。 昔であればスクリーン等はインセクトピンで留めたりしていたのだが、最近はインセクトピンで簡単に穴開けして、最後にそこにエナメル系の塗料を流し、簡単にふき取ると云う方法をとっている。 また今回もゼッケンのデカルを押さえるためにクリアーは軽く吹いているのだが、磨き出しは殆どしていない。 ボディーに映りこむ光の反射を見れば一目瞭然だ・・・・。

入手したボディーシェルは初期の16をモデルにしたもののようで、グラハム・ヒルを乗せたかったのだが、良い写真が見つからず、ロータスの初期の重鎮ドライバーであったクリフ・アリソン(Cliff Allison)の車にしてみた。

製作していて問題点になったのはコックピットがやや長く、その調整の為にダッシュパネルを多少長めにとってごまかしてある。 またフロントの軸受けはサスの無い細い物に交換したし、ボディーのマウントはリジットなので、リアのサスがわずかに効く程度で、殆どリジット・マウントと云っても過言ではない状態だ。 もし、マウントの留めネジを緩めて多少のサス効果を出すのであれば、ボディーに開けたシャフト・ホールを多少大きめにしなけらばならないし、リアのシャーシーの一部が僅かにボディーに当たっている部分があるので、こちらも少し削らなくてはならない・・・。

取りあえず外装品は大体取り付けたし、リアにはレヴェルの当時物の未使用のタイヤを履かせてはいるのだが、接着も芯出しも未だしていない。(ベンチでの通電テストではあたる箇所も無く良好だった。)  ・・・出来ればリアだけは同等のレヴェル風のウレタンタイヤに履き替えたいと思っている。  これから気温の上がる時期なので保存状態にもよるのだろうが、半年から1年程時間を見なければ判らないのだが・・・、上手くボディー下部等が変形しない事を祈っている。(笑) 

      

        

      

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

② 1/24 Lotus 16 (Rolling Chassis)

・・・未だに新しいブログの操作に苦しんでいる。 10年以上の歳月は、ITの進化と使い手側の退化の溝が広がり、認知症が進んでいるのではないかと不安な気持ちにさせられるほど上手く行かない。 「・・・多機能すぎるんだよ~!」 上手く操作できない理由の一つは、1週間もすると、上手く出来た操作方法を忘れてしまうのだ・・・。(涙) 仕方がないのでまた古巣へ戻りブログを書いたら、新しいブログの方に移す事にする。 「・・・やはり、そろそろ病院に行った方が良いぞ~!!」(天の声)

ボディーの粗を大体修正して、必要な罫書と穴開けなどを行い、とりあえず見繕ったシャーシーをセットしたのが上の写真である。 今回は自作のシャーシーも考えてブラスの2mm厚の板(棒状)も切り出しては見たのだが、手持ちのユーズドのダイナミック(DYNAMIC)のFT16D用のフレームが入りそうなのでそれを使う事とした。

ダイナミックのメインフレームはアルミダイキャスト製で別売りの個別パーツ数も多く、簡単な構造なのでどんなスロットカーを作る時にも非常に便利なのだが、他のメーカーのブラスシャーシーの様に半田が効かないという欠点がある。 また、ボディーを取り付ける為のフランジや穴などが殆どフレーム上に用意されていない。 ダイナミックのシャーシーにハードボディーを取り付ける為には、ちょっとした工作が必ず必要になってしまう・・・。

今回のLOTUS 16もボディーはリジット固定の為、ボディーとシャーシーに幾つかの工作をしなければならなかった・・・。 これは個人的な感想なのだが、ダイナミックのシャーシーを初めて見た時から(見てくれからか?)、あまり好きになれなかった。(苦笑) ダイナミックのシャーシーは当時殆ど日本では見かけなかったし、タミヤの様なダイキャスト成型なので、まず半田がダメで、タン(棒状のメインフレーム)を無骨なビスで固定するだけの簡素な構造で、やはり一番の問題はどうやってボディーに固定したら良いのか?と云う問題があったからだ・・・。 (最近になって、その使いやすさやパーツの豊富さに、その良さを再発見している次第なのだが・・・。)

下の写真が今回使用した中古シャーシーなのだが、フロントのサスが入った軸受けは幅が広すぎて入らなかったので細い物に交換し、フレームのセンターにはブラス板でボディーを留める為のプレートを新設した。 またリアにはやはりアルミの角材からマウント用のプレートを切り出し、こちらもフレームに細いビスで固定している。

その他にも問題点は幾つかあり、メインフレーム(タン)の先に付くガイドホールが少し先に付きすぎていて、ガイドを付けるとガイドの先端がフロントカウルの先に出てしまうのだ・・・。 仕方がないのでガイド自体を改造しポストの位置が先に来るトレーリングタイプのガイドに変えてみた。(ナイロン素材のガイドの上に長方形の小さな小窓を切り出すのにはちょっと骨が折れた・・・。)

入手したのが殆どドンガラのシェルだけなので、これからいろいろパーツを探し出したり作っていかなければならない・・・。

   

 

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

1/24 Revell Lotus 23 Again (White Body)

季節は廻り、新緑が清々しい時期になってきた。 ・・・そろそろ日本も梅雨入りするのだろうが、それが過ぎればまた暑い夏がやってくる。  COVID-19のアウトブレークも、日本ではどうやらパンデミックの一歩手前で収束してくれそうな気配だが、まだ油断は出来ない!

このブログを始めた頃に、RevellのLotus 23のテストショットの白のボディーの事を書いた事があるのだが、最近オークションで通常のボディーと同じ白いボディーを入手したので、ちょっと書いてみようかと思う・・・。 

一番上の写真は、今回入手したその白のボディーなのだが、どうやらこのボディーはタグがあるところから見ても、当時ビニールの袋詰めで売られていたボディーキットの物の様だ。(R-3253)  下の写真は10年程前にブログにも簡単に書いた、オレンジと白のテストショットと思われるボディーの写真。

またこの白のボディーのロータス23はキットでも販売されていた様だが、私はこのキットの存在をつい最近まで知らなかった・・・。 昔からレヴェルのキットの箱絵は白なのに、キット(箱入りボディーキットも含む)では実車でも殆ど見たことも無い様な鮮やかなオレンジのボディーが入っている事には違和感を覚えていた。

当時私が知らなかっただけかもしれないが、日本に入ってきたレヴェルのボディーキットはすべて箱入りで売られていた。 エアーフィックスのキットではないが、ビニール袋入りで販売されたキットは見たことが無い。 またこのビニール袋入りで販売されていたボディーキットには、ロータスの23以外にもコルヴェット・スティングレイの赤のボディも在った様だ・・・。 (多分、UK-Revellで製作販売されたものではないかと思うのだが・・・?!)

 COXのフェラーリ158とBRMにも、FT16用のボディーとFT16D用のマウント・ポストの位置が違う2種類のボディー(キット含む)が存在するが、(半世紀前の)モデルカー・レーシング・キットにも、今の目で見れば・・・、忘れ去られてしまう様な細やかなミステリーが存在する・・・。(笑)

 

 

Source: slot retro forum

このロータス23はキットの状態でも販売されていた様で、左の箱絵のR3153:600となっているのが、当時私達が作っていたオレンジ色のボディーが入ったキットで、白抜きでR3153とだけ入っているのが白のボディーが入っているキット。

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

③ 1/32 Ferrari TestaRossa Junk (Doyusha)

例年ならばそろそろゴールデン・ウイークで、天気が良ければ全国の行楽地は賑わいを見せる頃なのだろうが、今年は新型コロナウイルスの関係で、“ステイ・ホーム”を強いられることとなってしまった・・・。 だが、飢餓や内戦や災害で家を失って苦しんでいる人達の事を考えれば、これしきの事は次元の異なる些細な事の様に思える。

この童友社の1/32のTRも出来れば今月(4月)中に仕上げたいと思っていた。 どうにか完成と云う事にはなったのだが、やはり車種(レース)選定を誤ってしまった様で1958年のセブリングの#15、#16辺りの左ハンドル車にしておけば良かったかな~と云う後悔が残っている。 ミッレミリアの車はトノカバーも付けなければいけなかったし・・・。  

いつか作るであろうハセガワの1/24ではこの辺もカバーされているので、そちらに期待して・・・、今回はホーソンのヘルメットもボディー・シェルもいじらずに、出来るだけ童友社の当時のままの素組に塗装した形に留めた。 タイヤはまだ弾力の残る当時物の残り物のスポンジタイヤを使用し、車高もオリジナルのままだ。 ただ、既にモーターがボディーに当たっているので車高はこれ以上は下げることは出来ない。

やはり元型になったであろう、ストロンのTRの名残りがメーターパネル付近に残っているし・・・、2車を比べてみれば、やはりストロンの方がタイヤも大きいし、バランス的には良く見えてしまう。 また古いスロットの割にはストロンの方にはエグゾーストパイプもパーツとして付いているし、ホイルのワイヤーの表現も童友社はただの放射状のラインだけだが、ストロンはそれなりにワイヤーホイルの表現がなされている。 

さてと・・・、今回の投稿で長い間お世話になったホビダス・ブログとお別れする事になるのだが、未だに新居に慣れておらず、しばらくは写真の並び、文章切れ等の見苦しい投稿になるかもしれない。 また滞り等もあるかもしれない。 新しい住所は以下になるので、お暇な時にはまたお立ち寄り頂ければ幸いである・・・。

http://leticiavscc.com/

 

   

   

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

② 1/32 Ferrari TestaRossa Junk (Doyusha)

    

今、ボディーの方は欠品パーツをどうするか?、ボディーの修正はどの程度までにしておくか?、・・・とりあえず塗装を剥離したので、当時のどの車をターゲットにするか?、選択肢が幾つかあるので迷っている。 ・・・助手席側のトノカバーの件もあるし、また右ハンドルの車も結構多いのだ。

今回もやはりジャンクのフレームからローリング・シャーシーを組んでいるのだが、前後2ピースのフレームもひん曲がったりしていたし、シャーシーをボディーにマウントするホールも切れている。 本当にフレームの一部は、金床の上で木をあてがってたたいて直した。 ・・・あとはボディーを固定した時に、上手く4点接地してくれることを願っている。

今回はオリジナルのホイルも2個ほど欠品していたので、他の国産の1/32の車の同径ホイルを選んでみたのだが、オリジナルのホイル・インサートが大きすぎて入らないのだ。 ・・・童友社のオリジナルのホイルも同じ状態なので、仕方なく2個だけ外周を上手く削り、それをレジン取りして使用した。 ・・・それでもちょっときつい位であった。 いかにホイルとインサートの大きさの違いが大きかったか・・・、当時の写真でも、インサートが上手く入っていないのが良くわかる。

あとは外装のクリアパーツなのだが、今回はバキュームではなく、最近変色が少なくなったと云われているクリスタルレジンを試してみた。 ・・・配合が微妙で、また硬化時間も長いので1日半で1セットをシリコン型から取り出せると云うローペース。 それでも昔の様に、2~3か月で黄変(酸化?)してしまう様ならば、やはりクリスタルレジンでもスクリーンの様な薄いパーツには使えないという事になる。

童友社の1/32の2台のキットは、1/24のフォーミュラ用のシャーシーを、上手く前後のフレームを反転させて利用して作られている。 ジャンク3台のシャーシーの写真がそれなのだが、リア・フレームにクラウン・ギアの調節用の半円が両側に開いていない長方形の開口部のものが初期のものである。

  

   

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

① 1/32 Ferrari TestaRossa Junk (Doyusha)

「・・・ごめんくださ~い。」 「3月一杯で閉店と聞いてたんですが~、まだやってるんですか~・・・?」  「・・・フェラリー、テスタロス、見せてくださ~い。」

今年の春は、COVID-19の拡散で殆どどこにも出られずに、仕事後は自宅でおもちゃ作りと読書と、至って不健康な生活を(喜んで)強いられていた。 ・・・出ても内庭ぐらいだった。   (私たちの年齢では、感染すれば殆どOUTだろう・・・!!)

借景の桜も昼食時に眺めてはいるのだが、今年は花の持ちが良かった様な気がする。 ここ数日で春らしい新緑の若葉が増えてきたが、まだ一部花をつけている枝もある。

この分ではゴールデン・ウイークは無理だろうが、夏のお盆休みのコロナら少しは収束しているかな~?、やはり年内の収束は難しいのか~・・・?! 参ったよな~!!

 

今回UPした童友社のジャンクは数か月前にオークションで安く買い求めたもので、外装部品が“ほとんど無い”と云うボディーである。 この車の成形色はフォードのレーシングカーに良く使われるブルーメタリックだと思っていたのだが、あにはからんや、このブルーメタリックは塗装であった・・・!!

また外装パーツ(スクリーン、ライトカバー)も殆ど無いので使えそうなパーツを探して 1/32のストロンベーカー(Strombecker)の古いテスタロッサを引っ張り出してみた。  今度もまた、い(あ)にはからんや、ストロンのスクリーンとライトカバーが殆どぴったりなのだ。 ストロンベーカーの初期(ファースト・バージョン)のフロントエンジンのD-TypeとこのTRの2台セットの発売はたしか1963年頃であったと思う 多分、当時の童友社はこのストロンのボディーの原型をパクッているのだろう・・・。

下の8枚の写真の上段はすべて童友社のジャンクボディーである。 下の4枚のブルーのボディーがストロンのセカンド・バージョンのボディーで、写真はこの2台の違いを撮ったもの。  何とかこのストロンのクリアパーツを利用して童友社のテスタロッサを、どうにか形にしたいと思っている・・・。

   

   

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

④付録 1/24 Ferrari 158 F-1

   

1964年後半から66年までのモデルカー・レーシングの最盛期には、丁度モデル化するのに最新のF-1であったフェラーリの158は、最適な素材であったのかもしれない。 見出しの写真は、私の手元にある製作途中の物や製作済みのRTRを買い込んだものまでを引っ張り出して並べてみた・・・。 中には自作シャーシーを取り付けた車もあるのだが、当時、各社から出ていたボディーの大きさやボディーの雰囲気を見てもらいたかったからだ。                             

今回は思いつくままに1/24の車だけを集めて写真を撮ってみたが、肝心のストロンベーカーの158の製作済み車両が見つからなかった。  おまけに東京プラモのボディーには自作シャーシーが入っているので、ストロンと東京プラモはキットの写真とボディーキット、ローリングシャーシーだけ別に拾い出して写真にしてある。

1/24ではフロントのノーズコーン両サイドにある砲弾型のインレット・ダクトはストロンベーカーの158にのみ付いていた。  1/32のプロダクション・キットにはこのダクトがしっかり付いているものが多いのはなぜなんだろう・・・?!

 そうそう、紹介が遅れたが、一番上の写真は左から今回製作した日東(Nitto)、製作途中のコグレ(Kogure)、自作シャーシーの東京プラモ(Tokyo Plamo)、おなじみのCOX(FT16バージョン)、当時のオリジナルのままのミドリ(Midori)、そして最後はサーキット・セットに付随していた大滝(Ootaki)のRTRである。  最後の写真が、まともなRTRが見つからなかったストロンベーカーと東京プラモである。    ・・・やはり、今回製作した日東とコグレが一回り大きいのが良くわかる。                                            

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

③ 1/24 Ferrari 158 F-1 Junk (Nitto)

三連休も瞬く間に過ぎてしまった・・・。 三連休直前には既に外装パーツはどうにか付け終わり、とりあえず完成していたのだが、墓参や雑用でなかなかブログを書く時間が取れなかった。 COVID-19の感染拡大の中、外出はあまりしたくなかったのだが、21日の土曜日などは近所の桜の名所にも結構人が出ていたし、道も混んでいたのにはちょっと驚いた。

この日東の158だが、当時の価格が¥500の割には凝ったシャーシーだったんだな~と、個人的には感心した。 ホイルはコグレのF-1用のものだし、タイヤもフロントがコグレでリアはミドリのスポンジを履かせている。 最初の写真でも判る様に、このシャーシーのリアに小さなタイヤを履かせると、シャーシーがコースに当たってしまう危険がある。 キットのタイヤもリアは結構大きなものが入っていた。

・・・後はリアのキャブまわりのカバーだが、COXや東京プラモと同じ様な透明パーツで本来は出来ているのだが、今回はバキュームで型どりした塩ビのカバーでごまかしてある。 また、細かい所にも手を入れたい気持ちはあったのだが、なるべくタイヤ以外はオリジナルの雰囲気を残すことに留意した。

【お知らせ】                                  さてと・・・、長い事お世話になったこのホビダスの趣味ログも、今月一杯で閉鎖と云う事になってしまった。 今、息子に相談しながら新しい住処を探して貰っているのだが、今までと同じ様なブログの画面構成が出来るかどうか・・・?  また、新しい住処が見つかったとしても、あと何年ぐらいブログが続けられるのか・・・?               今また、思案橋を渡らなければならなくなってきている・・・。(苦笑)

   

  

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

② 1/24 Ferrari 158 F-1 Junk (Nitto)

3月の前半は雑用とこの158のパーツ作りに追われて時間を作るのに苦労していた。 欠品している外装パーツは、以前同好の友人から頂いたRTRの158からどうにか外してレジンで複製している。 ジャンク箱の中からは日東のオリジナルのフロントタイヤが2個だけ出てきたが、リアホイルも見つかればコグレのホイルとタイヤは場合によっては使わなかったかもしれない・・・。                    (・・・でもこのオリジナルホイルを使うのは、ちょっと難しいよな~?!)

前回のブログで肝心な事を書き洩らしていたのだが、リアのロアーのアームは紛失して無くなっていたので、今回は1.2mmのピアノ線をアッパーアームを含めて半田付けしている。 本当であればブラスの方が曲げやすく半田慣れしているのだが、ブラスを使った場合、ニッケル・メッキをしなければならない。              ピアノ線なら磨いてプライマーでも塗っておけば金属感は保てると思ったからだ。  またフレームも再度分解し、シルバーで塗装し直した。

エグゾーストをボディーではなく、今回はシャーシーフレームの方に取り付けて、シャーシーの脱着を簡単にしようとの思いから、横から多少見えてしまうシャーシーにシルバーを吹いてみた。

・・・どうもやっつけ仕事でやってる様でゼッケンに使ったインレタが古かったせいか数字に小さな亀裂がいくつも入り、タッチアップでの色合いが合わず、汚いゼッケン番号になってしまった。 サーティースのヘルメットのブルーもちょっと薄すぎたし。

ターゲットに選んだ極初期の158はエグゾースト部分までカウルで覆われている。 これもどうしたものかな~・・・・?  それにしてもボディーにFT36が縦に入るだけあって、コックピットサイドの高さは実車の1.5倍くらいはあるかな~・・?!

・・・・・あとは上手く各パーツを組み上げ(貼り付け)ていくだけだ~。

   

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ

① 1/24 Ferrari 158 F-1 Junk (Nitto)

年末から立春くらいまでは寒いので、殆ど自宅に引きこもりを決め込んでいた。 外出と云えば、入院している母の見舞いに週に2~3回程、車で出かけるくらいだ・・・。

そろそろ暖かくなって来たので、週末の天気の良い日にはちょっと孫の顔でも見ようと出てみようかと思ったら、COVID-19(WHO)のアウトブレークで外出自制の政府のお達し!  参ったやな~・・・。

・・・12時前からブログを書き始めたのだが、既に2月の29日だ~・・・。   うるう年だから今日は4年に1度しかやってこない・・・。               大げさだが、大昔に観た映画の100年に1度現れると云うスコットランドの幻の村「Brigadoon」の事をちょっと思い出した・・・。(脱線)

 まぁ・・・、家の中でもやりたい事、やらなければならない事は沢山あるので、もうしばらく冬眠しているのも悪くはないな~?などと思い直している。

先日、トヨタのS800を拾い出した時に一緒に出てきた日東の158F-1のジャンクカーのパーツが、他のパーツ箱の中から幾つか出てきたので、引き続きこの158を仕上げてみようかと思っている・・・。

この日東のシャーシーは珍しく鉄のプレスで出来ている様で、保存状態にもよるが、時間経過でフレーム自体に錆が発生してしまう。 まさに今回のシャーシーがそれで、とりあえず黒のスプレーを吹いて簡単な錆止めにしていた。

出てきたパーツは、このシャーシーの最も特徴的な部分であるリアのアッパーとロワーを含むアップライトのコの字形のパーツで、おまけにプラスチックの左右のエグゾーストと、最初からない物と諦めていたコクピット一体のドライバーもプラのジャンク箱の底から奇跡的に発見できた。 (やはりゴミ屋さんだ~・・・!! 苦笑)

キットのインストラクションを見てもフロントはセパレート・シャフトになっているしリアはご覧の様なコの字形のアームを取り付けるようになっている。          ジャンクの車だし・・・、オリジナルはホイル、タイヤも含めて難しいので、また適当に1台、それらしい車が製作出来たらな~?、と思っている・・・。

    

  

カテゴリー: VSCC | コメントをどうぞ