56′ CORVETTE ③

5月に入り、GW頃から体調を崩してしまい、仕事はしなければならないし・・・・・・、 この際ちょっとのんびりするか?、・・・と云う事で、ブログもサボっていた。
実際、模型作りの手も休めていたので、殆んど進んでいないのが現状である。
年初来から騒がれていたギリシャのソブリン・ショックも、何とか5月の19日を切り抜けては来たが、EUはガタガタである。
(ヨーロッパ車をお買いになりたい方にはチャンスかもしれない。  笑)
    ここでちょっと人形焼きを一個、口に運ぶ・・。 お茶、お茶・・・。 
 
それにしても、ギリシャも1400億ドルものお金を今の状態で、IMFや欧州連合に返せる当てが有るのかね~・・・?
38度線も ”きな臭く” なってきちゃって、本当にどうなっちゃうのかな~・・・・?
        
ボディーのクリアーは今日の午後に吹いたもので、未だに半乾き状態。
レプリカ・ニュースの作例では、トノカバーは「クリネックス」なんて書いてあったが、まさかティッシュを貼って塗装するわけにも行かず・・・、今回は0.14mmのプラスティック・シートをドライヤーであぶって、それらしく形を作ってみた。
後はインセクト・ピンで抑えるだけだが、やはり隅が浮いてしまい、実車の様な ”ぴったり感” は表現できない。
シャーシーはご覧の様な旧式のジャンクの改造なので、またドンペは免れないだろう・・・。(苦笑)
(アルミのサブ・フレームが無いので、ウエイトも兼ねてサブ・フレームは真鍮で自作した。)
        
    だめだ~、人形焼、一袋食っちゃいそうだ~・・・。
 
60年代のMPCの同型の57年コルベット。
こちらは 1/25 なので製作中のモノグラムと比べると幾分小ぶりになる。
私は MPC の車を走らせた事が無いのだが、写真のこのコルベットのモーターのローターは重たくて、通電してもとても回るとは思えない・・・。
軸受けが曲がってるのか~・・・・?

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">