イギリスのモデルカーレーシング史      (4月30日分 再掲載)

最近、ベイトソンの「茹でガエル」の話を良く見聞する。

生物学的にはちょっと眉唾話なのだが・・・、カエルを熱いお湯の中に入れると、すぐに反応して飛び出すが、水からゆっくり温度を上げていくと、水温に順応して ”茹でガエル” になり、最後には死んでしまうと云う話なのだ。

先日、仕事で使っている古い線量計を家内にもたせ、2時間ほどスーパーなどに買い物に出てもらったところ、463μSvの数字を記録して帰ってきた・・・。                        (その後、こんなに高い値は見られてはいないのだが・・・。)

ダーウィンの環境適応(自然選択)説を、ある意味信じてこの20年程を生きてきたが・・・、3・11以降の福島第一原発事故の現状を踏まえて、この国を客観的に見てみると、経済の低迷プラス環境破壊へと内容が激変し、そろそろ飛び出さなくちゃヤバイな~?と思われるのは、カエルや私だけでは無いと思う・・・。                                        (そんな事考えてるくらいなら、早くタバコをやめろつ~の・・・!!   ギャ~・・・!!)

今回UPしたこの本は、タイトル通り、”イギリスにおけるモデルカー・レーシングの歴史” を個人の目から記述した面白い物である。

出版されたのは2008年で、どうやら個人の自費出版の様である。

出筆者のトニー・コンドン氏は1947年生まれで、50年以上に渡りモデルカー・レーシングに接してこられた方だ。                                               今は仕事をリタイヤして自動車博物館のお手伝いの傍ら、御自身の古い車のレストアをされていると云う。

今のスロット・カーの前はレール・レーシングであり、その前はやはり鉄道モデルから派生している事が判る。

60年代当時は、イギリス各地に色々なスロット・カー・クラブが存在し(今でもそうだろうが・・・)、現在はBSCRAの元で各カテゴリーのチャンピオンシップ・レースが行われている様だ・・・。

スロット・カーと云ってもカテゴリーも多いし、また個々の趣味によって車作りも変わってくる。

私が好きなのは、やはりクラブレース用のハーフ・スクラッチに近いスケール・モデルなのだが・・・。

また、推薦文をマクラーレンで有名なカー・デザイナーのゴードン・マーレイ氏が書いているのも注目だ。

PS:                                                       前回のカレラのホワイト・ボディーですが、中国の工場流れなどと記載しましたが、メンバーのO氏より、カレラ・ファン・クラブの限定品との話を伺ったので、ここに訂正記載致します。

カテゴリー: VSCC   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">