BATMOBILE のエトセトラ

 

 

スロットカーでも私の好きなカテゴリーは 1/24 なので、その

の手持ちの車や自作物をエトセトラとして幾つかUPしてみよ

と思う。 当然バットモービルのスタティック・キットにはイマイ

オーロラ等の32もあるが、今回は25と24のスロットカーが

体と云う事になる。

   

他のWEBから拝借した実車写真と66年当時のアダム・ウエスト

のバットマンとロビン。 今回のポラーのフィギュアとカラーリング

を比べるとバットマンは塗りなおした方がよいかもしれない・・・。

(このスタイルを見ると少年時代の海水パンツを思い出す。 笑)

   

大分前にフーチュラから製作を始めた自作のバットモービルだが、

今回のポラー版と比べると全長で1~2cm位小さい。

(今回のポラー版のバットモービルが 1/25 であるとすれば、古い

箱にスケール記載の無いレヴェルのフーチュラは、 1/26~1/28 

位の中途半端なスケールと云う事になるのか・・・?)

製作当時は、K&B の古い広告に影響されて、やはり K&B の

ダイキャスト・サイドワインダー・シャーシーをチョイスした。

コクピットを再現するにはやはり、SW・シャーシーを使用しなけ

ば無理があるからでもある・・・。

外装パーツ、2人のフィギュアの製作と塗装方法の妙案が浮か

ばず、・・・・現状ではこのままゴミになる可能性も大だ。 (笑)

写真でも判るように、今回発売されたポラー版のバットモービル

フーチュラより一回り大きいので、サーキットに持ち込んだら

さぞかし隣のレーンの車は迷惑する事だろう・・・。 (笑)

   

この車は、最初にUPした雑誌広告の K&B のバットモービル

のオリジナル版。 比較的レアなスロットカーだが、クリアボディー

なのでいつも保存には気を使う・・・。

リアのスーパー内側にはコルティナ・ブレーキが入っている。

   

バットモービルのスロットの中ではポピュラーなBZの物。

独特のワンピース・プレスのシャーシーにピアノ線のスイング・

アームが特徴で、リアタイヤにはBZのロゴが入る。

現在ではボディー、シャーシーともレプリカが出ているので、パー

ツさえ揃えれば、当時のこの車のレプリカを製作することは可能

だ。

  

このクラッシックのバットモービルも比較的ポピュラーな車だが、

上記3社のクリアボディーの中では、一番経年変化がよりボディ

ーに端的に現れる気がする。 私の車もリアのフェンダー辺りが

大分変形して来たのが気になるが、こればかりは古いものなの

でティッシュ・ペーパーをボディーの隙間に詰め込んでおくぐらい

しか方法は無いようだ・・・。

 

カテゴリー: VSCC   パーマリンク

コメントは受け付けていません。