① 1/24 Chaparral 2A (001)

Source:  CHAPARRAL 1961-1970 (Motor Books)

私がCOXのシャパラル(良くチャッピーなどと云う愛称で呼ばれ

る事もあるので、子供の頃に良く呼んでいたチャパラルが正し

呼び方なのであろう)のキットに初めて出会ったのは、12才

の夏の終わりの頃であった様に記憶している・・・。

そこは若林手前の世田谷線の脇にあったアパートの一部を改

造した小さな模型屋さんで、当時は”チャンバレーラー”などと

カタカナで書かれたタグが貼られていたが、それがチャパラル

と呼ばれる車であった事はその後友人に教えられた・・・。(笑)

当時私の行きつけのこの模型屋さんの主人は、確か人刺し指

と中指だったかが2本程無かったのだが、いつも器用に電池に

モーターを繋いでテトしてくれたし、ラジコンも沢山置いてあっ

たので、私は勝手「ラジコンのぺラで指を切断したんだ~。」

と、子供ながらに込んでいた・・・。

スロットの最盛期には2レーンだが、コスもの中に隙間を

縫う様に作られていた。

さて、TZはちょっとお預けで、次回のレースのお題がチャパラ

ルなので、以前にブログにUPしたストロンベッカーの2Aの製

を再開した・・・。 (ストロンは当時手にした事は無かったし

またサーキットでも殆んど見かけた事が無かったメーカーだ。)

大体それらしくボディーは作り、放置してあったのだが、写真と

見比べると「ここもやらなきゃいけないな~、ホイルアーチもち

ょっと違うんじゃないの~・・・?」と、いろいろ出てくるのだが、

今回も時間が無いので、やはり雰囲気だけと云う事で、細かい

所は目をつむって、先を急ぐ事にしよう・・・。(苦笑)

・・・現状はこんな所で、”鼻が短い、ホイルハウスを少しずらし

たい”等の願望はあきらめた。 時間があればレジンで起し

て仲間内に配ろうか? ・・・などとも考えていたのだが、この期

に及んでは作るだけでも精一杯で、複製どころかレースに間に

合うかどうかも危うい所に来ている・・・。(涙)

プラ板を張りっぱなしにしていた後部カウルは、内側の余分なプ

ラをリューターで大分削り落としたが、それでも結構重そうだ~。

後はウォーリーウエーブ状のホイルと、一番の問題である、ウ

インドー・スクリーンのヒートプレスだ・・・。

この初期型の2Aはサイド・スクリーンが後期型の様なラウンド

型ではなく、ストレートの平板なのと、フロント・スクリーンも比較

的ストレートなラインで、センターにもはっきり折れ線が確認で

きる。  内装もインパネも判らないし、・・・参ったな~・・・!!

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">