① ・・・最近買ってしまったミニカーの事。

・・・・やっと”春の嵐”も収まった様だ。

先週からBSで、グラナダTV製作の「ミス・マープル」の新作が

放映されていたのだが、残念な事にすべて見逃している。 

ウイークデーの5時からじゃ無理だ~!!

最初の数本から見逃しているので、いまさら録画も無いだろう

と、再放送かオン・デマンドに期待している。(涙)

今回UPしたのは、今年に入りたまたま購入してしまった1/24

のハンド・ビルドのミニカー。  今まで43のミニカーではいろ

いろ見てはいたのだが24では見たことが無いFERRARI DI

NO 246 F1 で、1958年にホーソンが乗ってワールド・チャン

ピオンを獲得した車。 #4はフランスGP仕様になっている。 

今までも何台か、未だに完成まではこぎつけていないのだが、

この時代のF1の製作に悪戦苦闘している。 ・・・車種がDIN

Oの246なので、やはり清水舞台を覚悟で購入ししまった。 

製作は1/43のハンド・ビルド・モデルを数多く手がけているポ

トガルのフェルナンド・ピント氏による物。

拙宅にお見えになった友人たちは知っているだろうが、今ま

居間の私の机の上にはタバコのヤニに黄ばんだマイスト

ジャガーのミニカーが置いてあったのだが、今はこのDINO

変り、コーナーの雰囲気が多少レーシーになった感じだ。

  

   

私が購入に踏み切った大きな理由は、このモデルが1/24で

あると云う事と、DINOの246で有ると云う事が何より大きい。

もとより、この車を改造してスロットカーにしようなどとは思っ

てはいないが、モデルとして採寸だけでも出来れば、自作の

ボディーを作る時には大いに役立つ。

手にとってしげしげ見てみたのだが、中々良く出来ている。

日本のプロ・モデラーが作った様なピカピカのモデルではな

く、普通の塗装の上にデカルもそのまま張った状態だが、雰

囲気は十分だ。 モデルはレジン、ホワイトメタル、洋白材等

の複合で構成されている。 タイヤはレジンの様だがホイル

のワイヤーはエッチングではなく手編みされている。

またこのモデルにはオーク?で出来た台座と手作りのアクリ

ルケースも付いているので、今の一般的なミニカーと同じで

気軽に部屋に飾る事が出来る。

・・・・そうそう、壁掛け用のフックも付いている。

 

一緒に撮ったのは、UPCのやはりDINO246と思われるプ

モデルなのだが、箱には1/24と記載されているが本体は

1/20位有りそうな代物。 この会社もPREMIER’S(プレミ

ア)等と同じで、他の会社で製造されたモデルを金型を借り

て再出している様な会社なので、このDINOらしいモデル

もオリジナルではなく、場合よってはむかし他社(日本?)

で製造されたプラモデルのコピーかもしれない。 

(未だ身元は不明・・・。 笑)

    

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">