① 1/32 Cobra GT coupe

 

ここの所、ロータス18のマウント方法でちょっとつまずいている。

何か利用できる上手いマウント(方法)は無いかと、いろいろとジ

ャンクなどを探し回っていたら、作りかけで大分放置していた1/32 

のコブラ・クーペにちょっと引っかかってしまった・・・。  

(60年代当時、デイトナを走る前はコブラ・GT、あるいはコブラ・

GT・クーペなどと呼ばれていた様だ。)

32のオーロラのスロット・キットを持っている訳ではないし、ほとん

どがスタティックのジャンク・ボディーばかりなのだが、最近は古い

スロットからちょっとご無沙汰だったので、何の薀蓄も無いが、箸休

め程度にUPしてみようかと思う・・・。

最近は形の良いデイトナ・コブラ・クーペがレベル・モノグラム等か

いろいろ発売されているので、当時の古いデイトナ・クーペを見

ても粗ばかり目立って、すぐに作りたいと云う気持ちはちょっと起

ないが、この車達を入手した頃は ”どう作ろうかな~?” など

と模作りにまだ情熱があった頃で・・・・、一時でもタイム・トリップ

て、そ頃の自分に出会うことが出来るのもちょっと面白い。(笑)

当時、32のコブラ・クーペはオートホビー、リンドバーグ、オーロラ

ストロンベッカー等から発売されていたが、スロットとして発売され

ていたのはリンドバーグ以外の3社だけだった様に思う。 (リンド

バーグは1/24でステアリング機構が付いた面白いのがあるが。)

当然、60年代中期に私がスロットに夢中になっていた頃にはこれ

らの車達にはサーキットで出会った事はなかった・・・。 すべてそ

の後に入手したキットやRTRやジャンク達ばかりである。

     

    

     

上の3台の写真の左端はオートホビーの物をボディーの感じの違

いを見る為においてある。 当時のスタティック・キットのパッケージ

にも2種類ほど有り、ボディーの成型色にシルバーが入っている物

も有った様だ。  オートホビーのデイトナはまた次の機会に回そう

と思うが・・・、手持ちのオーロラのRTRはトレッドは無いし、ホイル

インナも付いていないのであまり魅力は感じないが、これも探す

と結構無い車になってきた。 

スロットもスタティックもボディーは同じ型から作ったようで、オート

ホビーのデイトナと比べると大分不細工だが、リアのボディー幅は

有りそうなので、安定は良いかも・・・。 そうそう・・・、このオーロ

ラのキットの最大の欠点はリアのパネルの建てつけが悪いことだ。

どのキットもリア・パネル上端に隙間が開いてしまう。(?)

ここを張り合わせる時は、最初からリアパネルに薄いプラ板でも

少し足して、修正しておいた方が良いかもしれない・・・。

しかし、K&Bのモーターとギア比ではどんなに調節してもオートホビ

のコブラには勝てないかも?! (笑)

何台かはジャンクのK&Bのシャーシーを使って好き勝手なデイトナ

ーペのスロットカーを作って見たいとは思っているのだが・・・、1/25

のデイトナも不足パーツはレジンで作っては有るが未だ箱の中だし

な~?!   ・・・ま~、出来ちゃえばまた保管場所に困り汚れと劣

化を待つだけなので、大体パーツがそろった所であれこれイメージ

を膨らませて居る時が一番楽しい時間なのかもしれない・・・。(苦笑)

 

☆ いま製作中の18は未だこんな所をうろうろしている・・・・。☆

  

 

カテゴリー: VSCC   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">