② COX 1/25 Ford Stock Car (Gurney’s Ford)

何年かぶりに引っ張り出したローリングシャーシだが、大分リアタイヤ

スポンジが萎縮してしまっていたので驚いた・・・。 このタイヤもCO

Xは何を考えてこんなタイヤを作ったのか?と思わせる代物で、ホイル

とタイヤ接着面に綺麗なRが付いているのだ。 この為、このホイルに

他のメーカーの新しいスポンジタイヤを履かせるのは至難の業だ・・・。

(リアタイヤのハイトが無くなっているので、その分リアが下がって見え

るが、実際はもっと大きいのでその点を考慮して見て頂きたい・・・。)

さてと・・・・、このガニーフォードを仮組みしてみるとこんな感じになる。

66年のこのギャラクシーのボディー・シェル自体は、AMTもタミヤも

さも造形も酷似していて、遠目にはなかなか見分けがつかないが、

塗装であれば辛うじてボディーの成型色で判断する事が出来る

か・・。 ただこのCOXのボディー・シェルだけには幾つかの特徴が

ので、そ部分だけの写真を撮ってみた。

①Aピラー直後の三角窓が無い。 ②左側のフューエルカバーが無く、

ップが造形されている。 ③リア・ウインドウのセフティー・ストラップ

最初から付いている。 ④シャーシーマウント用の平穴がボディー両

サイド下部に2箇所開口している。 ⑤メッキパーツのフロント・ライト、

テールンプ内の造作がフラット。(これは実車のストック・カーのカバ

ーを再現たものか?) ⑥フルサイズ・フィギュア・ドライバーが乗るコ

クピットが付いている。  ・・・これらがAMTやタミヤのシェルとの大き

な外見上違いだが、俗に良くこのCOXのボディーはAMTのボディー

の流用だなどと云われている・・・。

COXはこボディーを作る為に新たなパーツ用の金型を作ったりボディ

ーの金型修正を行った事だけは確かだが、ただリアのストラップやライト

内の造を見る限り、あまり綺麗な金型修正仕事ではない様だ・・・。

先のブログに入れ忘れてしまったのだが、オリジナルのデカルは大判の

1枚もので、AARがCOX社のご近所さんだった割にはこの数字のフォン

は頂けない。(ある意味で云えば、このデカルこそがCOXのガーニーフ

ォードのオジナルとも云えるのだが・・・。笑)

最後の写真はタミヤのギャラクシーのフロントのタイヤの位置を示す為

入れた写真なのだが、ワンピース・シャーシーのCOXに対し、ツーピ

ース調節可能なシャーシーでもあるのにかかわらず、ボディーマウン

トの関で、タミヤのストックカーはすべての車でフロント・タイヤが後ろ

に引きずられており、少なからずリリティーを損なっている。

(これもガイドとの関係で、タミヤらしさと云えばそれまでなのだが・・・?)

カテゴリー: VSCC   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">