⑤ 1/24 Ferrari 2735GT Drogo

若い時は何事も ”頭や感覚で捕えて” 行動できたのだが、歳を取ると思考も長続き

しないし、感性も昔の様にはひらめかなくなってくる。 ・・・仕方がないので過去

の経験からくる ”心で考える” と云う方法論に移行してくるのだが、人間関係なら

いざ知らず、物作りにはなかなか通用しない・・・。 良い物は良いし、ダメな物

めだ。(苦笑)

書画等ならば、わびやさびとして「枯れてていいね~。」となるが、新しく作るお

もちゃにこれは通用しない。 早い話が ”手抜き” と云うことになってしまう。

 

2735GTのパーツも月半ばには大体出来ていたのだが、ここ10日程は個人的な

用事が重なりほとんど手つかずの状態が続いていた。 本来だったら既に決めぶちし

たボディーカラーで塗装も済んでいただろう・・・。

以前使用したシリコンゴム用の段ボールの紙箱を再利用して、とりあえず必要なシートや使えそうなドライバーを適当にレジン取りしてみた。 シートとメインのメーターパネルはグンゼのSWBから持ってきたもので、後は使えるかな~と云う感じのイメンスのドライバーボディーと半袖アーム。

イメンスは意外とドライバーの肉付きが良く大振りなので、中に別のシリコンゴムの切れ端をレジン注入後に押し込み、中抜きをしている。 これで1~2g位は軽くなっていると思う・・・。

シートはメタル物で表面がザラついたものだったので、結構小さなレジンの気泡がゴムに付着してドライバーが座る内面は汚い状態に仕上がってしまった。 また半袖のイメンスのドライバー・アームの親指も上手くレジンが回らず、後から伸ばしライナーを瞬着で止めてごまかしてある。

相変わらずフラッシャーのリムはハトメの利用で、手を付けるのは止めようと思っていた窓枠のリムのRにもナイフを入れてしまった・・・。

もともとインパネ周りの作りが良く判らない車なのだが、適当にプラ板で作ってみた。後はデカル、ハンドル、ライト類等のそれらしい物を探し出す仕事が残ってる・・・。


カテゴリー: VSCC   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">